« プロフェッショナルの流儀 | トップページ | 京都木屋町 おがわ »

2011年12月16日 (金)

怪我について

本日、以前より悩みの種であった右足首の初診に行って
参りました。診て頂いたのは、私の友人のお兄さんが勤めて
おられる総合病院。
以前に近所の整形外科で診て貰っていましたが、診察結果が
芳しくなく、治療は難しいとの事でした。この痛みを一生抱え
ながら出来る事がどんどん減りながら生きて行くのも辛く、
年老いて家族に迷惑を掛けるのが何よりも懸念される。
と言う訳でのセカンドオピニオンです。

結果は、・・・同じでした。

スポーツには怪我が付き物で、如何にそれと付き合って行くか。
どのように自分の身体をメンテナンスしていくかも、スポーツ選手
のとしての実力だと思います。
そう言った点では、怪我を放ったらかし続けてここまで悪化させて
いる自分の実力はたかがしれていますね。

「無事これ名馬」と言う諺がよく頭の中を過ぎります。
「!」と唸らせる選手が度重なる怪我で思うような結果を残せず、
一戦を退いていく。観る側がそう思うのですから、本人の気持ち
たるや思計ることすら出来ないでしょう。
そういった時に本当にスポーツ選手としての才能が出るんだと
思います。

右足首は、治りませんでしたが私には出来る事がまだまだ
あります。これは、次のステージに行く一つのステップだと考え、
「良かった!」
と言えるものにしていきます!

|

« プロフェッショナルの流儀 | トップページ | 京都木屋町 おがわ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 怪我について:

« プロフェッショナルの流儀 | トップページ | 京都木屋町 おがわ »